一浪神戸の凡人受験記

現役STARSの筆者が、一浪して神戸大へ合格するお話です。

センター試験の結果とかとか

お久しぶりです、あげたまです。

最近大学がかなり忙しく、また私が病気にかかってしまい、現在進行形であるということもあって、久しぶりの更新になります。

 

この時期、センター試験の結果が郵送されています。

ということで、私自身のセンターの点数を、大体ですが発表したいと思います。

 

 

 

地理:70

国語:150

英語:155

1A:75

2B:70

物理:80

化学:80

 

合計:76%

 

といった感じです。

現役から1割伸びはしたんですが、神戸大工学部はボーダーが78~80%、私は傾斜配点で75%だったので、安全志向の浪人生としては、とても神戸大を受けられる点数ではなかったです。

8割は越すだろうと思っていたのでなかなかショックでした。

大阪市立大や電気通信大、東京農工大とも迷ったのですが、その話はまた後々出来ると思います。

 

センターがこんな点数でも(もちろんD判定でした)、二次力があれば同志社大、神戸大に、意外と合格できました。

受験生の皆さんは、センター対策も大事ですが、今の時期はまだまだ記述式の勉強をした方が良いと思います。

浪人に至る経緯と予備校選び

私は現役生の時、後期試験で地方国公立大へ合格しました。

ただ、そこは前期5教科7科目55%でも合格できるようなレベル(後期でも60~65%)だったので、自分としては不本意で、不完全燃焼でした。
また、私の高校は所謂自称進学校で、浪人する友達も多かったので、第一志望合格を目指し、私は浪人を決心しました。
 
では次に、予備校選びについてですが、私には複数の選択肢がありました。
 
・駿台
・河合塾
・代ゼミ
・地元の小さな予備校
 
地元の予備校は、学費が非常に安く、おそらく年60万程度で通えたと思います。
ただ、私はやるからには絶対成功させたかったので、最大手の駿台か河合の2つに絞りました。(代ゼミは縮小しているので・・・模試も無いですし。)
 
ここで、2つの違いですが
 
駿台
・50分授業
・しばしば理系の駿台と呼ばれる
・模試の難易度は難しめ
・生徒のレベルは高い(特に医学部クラス)
 
河合
・90分授業
・しばしば文系の河合と呼ばれる
・模試の難易度は適当
 
大きな差はやはり授業時間だと思います。
私は高校と同じような環境で授業が受けたかったので、50分授業の駿台にしました。
入ってから感じたことですが、駿台はかなりハイレベルな生徒が集まっていました。勿論、そうでない生徒や、問題を起こす生徒もいましたが。
クラスの数も圧倒的に理系のほうが多く、理系の駿台は伊達ではないと感じました。
 
90分間みっちり授業を受けたい人は河合が良いと思いますし、私のように集中力が続かない人は駿台が良いと思います。
浪人生活は高校と違って孤独になりやすいので、友達を作ることは強くお勧めします。
 
 

現役STARSが一浪して神戸大学に合格する話

 はじめまして。この春から神戸大学へ進学するあげたまです。

まず、私がどんな人間なのか、軽く自己紹介をしたいと思います。

 

・学歴:公立高校→浪人(駿台)→神戸大学

・現役での合格:近畿大学、後期STARS

(STARSとは、比較的難易度が低いと言われている、佐賀、鳥取、秋田、琉球、島根の5国立大学です)

・浪人での合格:神戸大学、同志社大学、立命館大学(セン利)、関西大学(特待)
 
最初にことわっておきたいのは、私は学歴を自慢したいが為にこのブログを始めたのではないということです。
そもそも世のブログには現役東大京大なんて沢山あるので、私ではとても自慢出来ないと思います。
ではなぜ始めようと思ったかというと、
 
1,受験生(特に浪人生)に一つの道標にしてもらいたい
これは私自身が受験生だった頃、進路や勉強方法に不安を感じた時、受験ブログを見て「〇〇大学に合格した先輩はこうやって勉強していたのか。こんな気持ちだったのか」と参考になった経験があったからです。
ただ、受験ブログって東大京大とか医学科とか賢すぎて参考にならなかったりするんですよね(-_-;)
その点、私は現役の時に関西大に落ちてますから、下克上受験的な感じで見ていただけるかと思います。
 
2,パソコン操作に慣れたい
今まであまりパソコンを触ってこなかったので、慣れたいっていうのも正直な所あります(笑)
 
 方針としては、
・浪人のこと
・予備校(特に駿台)のこと
・入試のこと
 
を書いていけたらいいかなと思っています。
最初は、この時期浪人するか悩んでいたり、予備校をどこにするか迷っている人が多いと思うので、そのあたりの話からしていけたらいいなと思っています。