読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪人するにあたって気を付けるべき10の事

私は浪人に成功した方なのですが、もちろん友達や知り合いの中には失敗した

人もいます。

今回は、実体験や聞いた話をもとに、気を付けるべき事を書いていきたいと思います。

 

1,授業の予復習をしない

これは本当に一番大事だと思います。予習→授業→復習 のサイクルが大事です。

予習して自分の弱点を見つけ、授業で解決、復習で自分のものにしていきます。

復習の時は、もう一度ノートを見ずに問題を解きます。

 

2,色々な教材に手を出す

「浪人生は時間があるから・・・」

気持ちはわかるのですが、1を実践すればわかります。予復習でいっぱいいっぱいです。なので主に予備校のテキストを信じてやりこむべきです。

中途半端になるのが、結局一番もったいないです。

 

3,予備校に来なくなる

家でも勉強できるからといって予備校に来なくなる人もいました。

そういう人はまず第一志望には受かってなかったですね。

結局家で勉強しないんですよねー。授業の無い日も大人しく予備校の自習室に籠るのが良いと思います。

 

4,ずっと休憩室にいる

言うまでもないと思います。

こういう人達は勉強道具開いてるだけで全く勉強してませんでしたから。

 

5,張りつめて勉強する

春からずーーーーっと勉強、食べる間を惜しんで勉強、夏休みも一日も休まず勉強。

こういう人は受験直前に壊れたりしてました。

私は週に一回ゲームセンターで遊んでストレスを発散させてました。

息抜きも立派な受験対策の一つだと思います。

 

6,自習室で寝ない

寝るじゃなくて寝ない、です。

絶対自習室では寝るべきです。間違いなく。

眠気を我慢して勉強しても集中出来ないじゃないですか?

20分程度思い切って寝てしまうと、眠気もさめて気持ちもリセットでき、心身共にリフレッシュできますよ。

 

7,友達を持たない(作らない

浪人はかなり孤独な闘いなので、結構滅入ります。

友達と世間話をすることで、ちょっと気分が晴れたりします。

また、勉強の教えあいや、入試情報の共有など、勉強の面でも非常に役に立ちます。

 

8,周りの言うことを鵜吞みにする

私は駿台生だったので駿台の事しかわかりませんが、例えば

「浪人生は夏期講習20コマは取ろう!」

みたいな事をクラス担任が言うんですよね。

でもこれをやると、本当に消化不良に陥ります。

前期のテキストの総復習+講習+講習の予復習+弱点補強

一日24時間じゃ絶対足りないですよ(笑)

話を聞くことが悪いとは言わないですが、ある程度自分の限界を踏まえて判断するべきです。

 

9,志望校を決めない/入試情報を調べない

敵を知らずしてどう戦うのでしょうか???

例えば神戸大理系なら、センター社会と国語の配点が非常に高いですよね。

逆に、理系科目は非常に低いです。

定員は?倍率は?センターで何割とれば二次が悪くても逃げ切れる?逆に挽回は?

受験は作戦立てたもの勝ちです。

私大の併願も含め、綿密に作戦を立てる方がいいと思います。

(もちろん、ダントツのA判定が出ている人には言いません。)

 

10,妥協する

「現役の時落ちた大学がA判定出たからもういいか」

「どうせ受からないし志望校下げるか」

私も夏の時点で現役の時に落ちた大学はA判定がでました。

正直、まさか本当に自分が神戸大に合格できるなんて、春浪人を決めた時には想像もしていませんでした。

でも私は、春に第一志望を神戸大に決めました。

安西先生じゃないですが、志望校を下げた時点で、それ以上は行けないと思います。

目標が高すぎたって良いと思います。

可能性は無限大!とか、やればできる!とか、そういう精神論って好かないんですが、ただ妥協した時点で負けだって事はハッキリ言えます。

 

死ぬ気で勉強してみれば、意外と何とかなるものですよ?